FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

世界樹の迷宮II


タイトル:世界樹の迷宮II
対応機種:ニンテンドー DS
メーカー: アトラス
ジャンル:ロールプレイング
価格:\5,040
発売日:2008/2/21

ゲーム紹介
とある地方にエトリアという名の小さな街があった。何の変哲もないその小さな街はある年の発見を境に大陸で最も有名な都市となる。「世界樹の迷宮」エトリアの街外れで発見された巨大な大地の裂け目。地の底まで続こうかという深淵を思わせる巨大な地下樹海の迷宮・・・。そこには、全てがあった。名も知らぬ草花が不可思議な果実をつけ、見たこともない獣たちが徘徊するその森には莫大な財宝が眠っていた。エトリアの迷宮の噂を聞いたものは老いも若きもみな、その樹海を夢見るようになった。富、名声、権威・・・。そして何よりも、飽くなき冒険心を満足させるだけの樹海。それは、死と隣り合わせの冒険に、自らを投げ出すに値するものだった。今日もまた、一人の若者がエトリアの門をくぐる・・・。

"DUNGEON"-謎多き迷宮には一体何が潜んでいるのか!?
ニンテンドーDS(R)の3D性能を最大限に発揮し、鮮やかに描かれた美しい樹海の迷宮。この樹海が、冒険の舞台となる。翠、蒼、朱・・・多様に姿を変えるこの迷宮の底に、何が潜むのか。

"MAPPING"-DSならではの機能「手書きマップ」
タッチパネルを用いた手書きマップ。かつて、多くの冒険者が愛した「自分だけの地図を描く」を再現。それはノスタルジーではない新しいRPGの実感。

"DIFFICULTY"-やりごたえのあるゲーム難易度
遊んでいる実感を得るための難易度。ゲームにクリアさせて貰うのではなく、自分でクリアする遊び。全てのシステムは、その実感のために用意されている。

"CHARACTER"-ともに迷宮に挑む仲間を集めろ
キャラクターは職業別に9種類。9種類のうち登録しているキャラクターから最大5人のパーティを編成する。ここで編成したパーティとともに樹海を冒険する。
AMAZONの商品紹介より引用

管理人のゲーム評価(5段評価)
おもしろさ:☆☆☆☆☆
ゲームの完成度;☆☆☆☆☆
やり易さ:☆☆☆
やり込み度:☆☆☆☆☆

オーソドックスなRPGをとことん楽しむならこのゲーム!
満を持して発売されたこの作品は遊び所が満載。ジョブやクエストの数も前作より増えています。
でも、はっきりいって過酷!レベル上げがだりーーなんて人にはお勧めできません!
自分好みのキャラをコツコツ育てていきたいって人は是非プレーしてください♪
これ以上に燃えるゲームはそうそうないですよw
最近のゲームは名前が決まってるものがほとんどなので、自分で名前つけるのが好き!って人はこれしかない。

蓮(攻略係)より一言:
このゲーム私はほとんどプレイしてないんですけど、管理人の全滅の雄たけびを何度かききましたw
1歩踏み外すと恐ろしい化け物が待ってたりするみたいで、過酷ですねw
スポンサーサイト
RPG 世界樹の迷宮IIトラックバック(0)  コメント(1)
Next |  Back

-

リキュールを探すなら http://www.umaiumai.biz/510915/110609/

2008/11/01(土) 07:36:27 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © ニンテンドーDS攻略島. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。